原価が安いので始めやすい商売と言えます

色んな商売がありますけど、資金が少なくても成功しやすいのは飲食店かなと思います。食べ物の原価というのは、皆さんも想像できるかと思うんですけど、相当安いんですよね。例えば100円位で売っているジュースとかは実際は10円も掛かっていないんです。タダではないものの、それに近い位の物を売って稼ぐ訳ですから儲かりやすいのも当然でしょう。

ただ、缶ジュースに比べるとお店の物はもう少し原価率が高くなります。大抵売られている金額の3割くらいだと言われています。千円のラーメンがあったとするならば、それの原価は300円くらいという訳です。たった1杯のラーメンを売っただけで700円が手に入るのですから、どれだけ稼げるかが理解できるはずです。しかし問題なのは、売れるレベルの物を提供しなければいけないという事です。いくら原価が安かったとしても、美味しくなければ売れませんから1円にすらなりません。

どんな物なら美味しいと言われるのか、それを知りたければ他の飲食店を覗いてみてください。もちろんどこでも構わないという訳ではありません。それなりに繁盛しているお店に行くのが大切なのです。そこで売られている食べ物をそっくりそのまま真似ろとまでは言わないにしても、それっぽく作っておけばまず大丈夫でしょう。人間の味覚はそれほど敏感ではありません。正直な所、手間がかかっているとは思えない様な食べ物でも凄い売れていますよね。

誰にでも美味しいと言われる食べ物は大抵塩分の量が多めになっています。さらに脂の割合が多いです。皆が好んで食べる料理の多くはそれに当てはまるはずです。一度周りを見渡してみれば、それが事実であると分かるかと思います。

とは言え、せっかく飲食店を始めるのなら手の込んだ料理を作る様にしましょう。騙す様な事をして稼いでも楽しくは無いはずです。塩と脂はそこそこで抑えて、食材を活かす様にすると良いのではないかと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ