イベントスタッフとして働くときには

春から秋にかけて気温が高まってくると、屋外ステージなどでイベントをする野外イベントの頻度が高まってきます。イベント関連の会社は、春先からイベントの見積もりの依頼が増えてきて、イベントで利用する機材などの金額を算出したり、スタッフ集めに追われることになります。

イベント会社は、屋外イベントがあった場合は、日雇いアルバイトを大量に雇います。できれば仕事の要領が分かっている人が良いので、何年も連続でイベントスタッフとして働いてくれているアルバイトを集めるのです。

そして、タイムスケジュールによって次々と起きるイベントをこなしていくのです。このようなイベントスタッフは、通常のアルバイトよりも高い給与が設定されていることが多いため、人気のバイトとなっているのです。

ただ、イベントスタッフは、正社員として長期雇用されるわけではないので、イベントの期間中だけの短気の仕事となる為、毎年同じようにイベントに参加するとなれば、正社員として特定の企業に従事していない人となってしまいます。

そうなると、収入が少ない生活になってしまうため、いつまでもイベントスタッフとして働いておくのは厳しい状況になります。

ただし、野外イベントなどを開催するイベントスタッフは、屋内のイベントも取り扱っていることからイベントの範囲を広げていけば多くの仕事があります。例えば結婚式の撮影スタッフがあります。

式場で撮影するスタッフだけでなく、ビデオレターを撮影する場合も多いため、年中様々なイベントで走り回ることになります。このように、イベントスタッフを継続してやっていくと、イベントの段取りが分かってくるし、必要な機材や人員配置なども容易にこなすことができるようになってきます。

このように生きるが高まってくると、野外イベントで多くのスタッフを動員してイベントを遂行するときにもとても役に立つのです。特に夜になって人を誘導するときには最大の気を使う必要があるし、事故を未然に防ぐ事を優先する必要があります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ