移動しながら飲食店を経営出来るケータリングカー

飲食店の運営は大きなリスクを伴います。理由は飲食店の維持費が大きいため失敗した時のダメージが大きいからです。莫大なエネルギーを常に使い続ける飲食店は、テナントの賃料に加えて公共料金がネックになります。その額は一般的な家庭の公共料金を超越しているため、思いのほか維持費が高額になるというケースは少なくないのです。飲食店の経営が安定していれば問題ありませんが、実際には運営を開始してみるまで正確な判断は出来ません。どれだけ優れた味の料理を提供する事が出来ても、価格と見合っていなければ人気になる事は不可能です。そして飲食店の周辺の住人に受け入れられなければ入客数は安定しません。問題になるのは味だけでなく立地条件が重要になるという事です。飲食店となるテナントを一度借りると簡単に移動する事は出来なくなります。よって開業する場所を選ぶ段階で失敗してしまうと、向かい風の中を進む様な経営を続けなければならないのです。それを避けるために登場したのがケータリングカーだと言われています。ケータリングカーは数多の調理設備が導入されており、移動しながら料理と販売を実現する事が出来る道具です。以前は簡易的な作りのケータリングカーしか存在しておらず、限られたメニューしか提供する事は出来ませんでした。しかし昨今の調理設備は小型化が進んでおり、少し大きめの自動車であれば料理に必要な機能が全て収まるようになったのです。そのためケータリングカーを用いて移動する店舗を実現した料理人も登場しています。高い火力も備えているため一般的な飲食店とケータリングカーは遜色がありません。問題があるとすれば販売物を購入した顧客が食べる場所が無い事です。しかしテイクアウトメニューで構成する事によって、ケータリングカーは需要を満たす事に成功しています。今後も移動販売をする料理人は増加すると予測されています。それはケータリングカーによって満足する顧客が豊富であるという反証です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ