飲食店、チェーンと個人どちらがいいのか

近所におしゃれな外観のカフェができたので行ってみようかと思いつつなんとなくタイミングが合わなくて行き逃していたら、そのお店は先日閉店してしまいました。オープンから2年くらいだったと思いますが、もっと早く行っておけば良かったと悔やまれます。

不況が続いて今は飲食店も個人のお店が生き残るのは難しいのでしょうか。私自身も外食する時にたまには新しいお店を開拓してみたいと思っても、つい行きやすいチェーン店を選んでしまうことが多いです。理由はいろいろありますが、チェーン店の方が雰囲気も客層もわかりやすいし、お料理もある程度のレベルは保ってくれるので当たり外れがないところが大きいです。

個人のお店というのは本当においしくてサービスも良いところもあれば、店員が横柄だったりお料理が残念な感じでガッカリしてしまうこともあって、その差が激しいためチェーン店よりも敷居が高くなってしまうのです。
でもご飯を食べに行こうとなった時にどこへ行っても同じチェーン店ばかりというのは、飽きてしまうし何より選ぶ楽しみがないのはつまらないですよね。

良いお店は少しくらい高くてもずっと頑張って欲しいから私も通うようにしていますが、立地や諸々の理由でいつ行ってもがらんとしているところもあり難しいようです。今はネットの口コミサイトやフリーペーパーで他の地域からもお客さんが呼び込めるため私も利用して出かけることがありますが、そういうお店はおいしくても一度行けば満足してしまって通うまでは至りません。

飲食店は元々続くのが難しく5年後に残る率は1割なんて話もありますし、やはり今の時代は個人のお店は厳しそうです。でも、逆にすごく人気でいつ行っても行列で予約もとれないようなお店は個人のお店ですし、チェーン店だから安泰というわけでもなく人が集まらなければお店はどんどん入れ替わっていきます。飲食店はそこらじゅうに溢れていると錯覚してしまいますが、家族や友人との楽しい空間を提供してくれるなくてはならない場所ですし、チェーン店も個人のお店も状況に応じて使い分けつつどちらも頑張って欲しいなと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ