ケータリングカーを運転するだけのバイトを見つけた

私は最近とあるアルバイトを始めました。内容をざっと説明すると、車を運転するだけの仕事、という説明になってしまうのですが、きっとみなさんが想像するものとはちょっと違っていることかと思います。どう違っているのかといいますと、おそらくみなさんは車を運転するといわれて、運送業や配送業といったものを想像したかと思います。もしくは引越し業者の運転手や日雇いタクシードライバーといったものでしょうか?確かに私の仕事はただただ車を運転するだけの仕事ですが、その運転する車というのがちょっと変わっているのです。

私が運転する車はケータリングカーと呼ばれるものです。ケータリングカー、決して皆様には馴染みの薄い言葉だと思われます。実はこのケータリングカー、皆様人生の中で一度は目撃しているはずなのです。何を隠そうケータリングカーとは、移動販売車のことをいうのです。市内をたこ焼きやわらびもち、メロンパンの移動販売車が走っているのを見たことはありませんか?ケータリングカーとはあれらのことを総称しているのです。

さて、私が運転する車が何か判明しました。ではケータリングカーを運転するだけの仕事とは一体なんなのでしょうか?肝心の商品は売らなくても良いのでしょうか?その問に対しての答えはイェスです。私は商品を売る必要はありません。また、商品が何かも知っておく必要がないのです。私の仕事は車に乗って市内を走って回る、ただこれだけなのです。

ケータリングカーから宣伝文句がスピーカーで流れてくるのは聞いたことがあるかと思います。私はあれを市内に流して回る仕事をしているのです。そしてそれを聞きつけたお客さんが商品を買いに来ます。私は見てるだけです。なんとも美味しい、簡単なバイトでしょう?

私は元々労働が嫌いでしたが、このバイトを見つけてからというもの、なんだか働くのが楽しくて仕方ありません。だって普段見ているだけのケータリングカーに、自ら乗れるわけですから。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ