ケータリングカーでイベント出店する時の経費と必要販売量

最近、ケータリングカーで移動販売をするお店が増えています。
何か他の職業を持っていても、イベントなどで屋台をすることに憧れる人も多いのでは無いでしょうか。

今回はケータリングカーで1日イベントの屋台を出す時に必要な費用と売上について考えてみたいと思います。

ケータリングカーは実はレンタルが可能です。
レンタルすれば厨房設備、シンクなどの水回りは車内についていて、給水タンクに水を入れ、ガスはプロパンガスから供給すれば良いようになっているのです。
1日屋台をする時にはこの方法が最適です。
レンタル代は1日約5万円を見ておいた方が良いでしょう。
ガス代は8時間営業するなら約5000円程度で可能です。
これに販売するためのバイトを頼むとして1万円かかるとすればトータル6万5000円が必要経費ということになります。

さて屋台では何を売るのが一番良いでしょうか。
おすすめするのはスナック系か粉物です。
特に麺類の焼きそば、うどん、また粉物としてはたこ焼き、お好み焼きが定番です。
これが選ばれるのは食べやすいのはもちろん、販売する側にとっても原価が非常に安いことが上げられます。
1皿500円の焼きそばの原価は50円程度です。
他の粉物もおおよそこのくらいの原価になります。
材料費は1皿あたり50円、あとは販売する量で材料費が決まってきます。

経費が6万5000円かかりますから1つ500円の焼きそばを売ったとして1皿当たり450円がプラスになっていき、費用回収には約150皿分の販売は必要です。
150皿売れたとして利益が7500円ということになります。
ちょっと利益が少ないですね・・笑。
あとは個人の努力次第ですが、屋台で売れているお店では1日500皿は売れています。
これを考えれば利益は25000円です。
これを目標にすると、1日のお小遣いとしては十分だと思います。

いかがでしょうか。
1日屋台をする費用と利益を上げるための販売量。
でもかかっても65000円なので、趣味で試してみるなら一度楽しんでみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ