ケータリングカーでオリジナル料理を販売して大成功

 たとえ自分の何気ない思いつきだったとしても、それを活かした商売を始めて成功している人がいます。この前何かのメディアで知ったのですが、自身が考案したオリジナル料理に手応えを感じ、脱サラしてまでケータリングカーでそのオリジナル料理を販売し始めた男性がいました。

 普通に考えれば、サラリーマンを続けていたほうが収入は安定します。しかもその人は、もともと料理のテクニックがあるというわけではない一般人です。それを踏まえてもしも失敗したときのリスクを考えれば、かなり無謀な挑戦と言えます。ですが、結局はそのオリジナル料理が当たり、今ではサラリーマン時代よりもずっと稼いでいるというのですから驚きです。

 この事実を知ったとき、成功した理由は二つあるとすぐにピンときました。それは、店舗を持たずに安上がりで済むケータリングカーで商売を始めたこと、オリジナル料理を信じて一歩踏み出したことです。どちらも少し考えればできることだと思ってしまうかもしれませんが、実際には相当難しい決断です。

 オリジナル料理に自信を持っているならまず飲食店を始めようと思っても不思議でないですし、いくら自信があったとしても今までの生活をなげうってまで一歩踏み出す勇気はなかなか出てこないです。オリジナル料理というのは自分にとって素晴らしいものかもしれませんが、それが他人の口に合うとは限りません。そんな不安がひとたび胸中を覆ったならば、一歩踏み出すのがどれだけ怖いことなのかと足踏みしてしまいます。

 また、ケータリングカーによる販売を選んだのもファインプレーでした。どうしてそういう経緯に至ったのかはわかりませんが、経費を少しでも削減できるケータリングカーならば確かにまだ成功しやすいです。

 だからといって誰もがオリジナル料理で成功するわけではないのでしょうが、ケータリングカーによる販売と一歩踏み出す勇気があれば、その成功に近付けるのだということを改めて知りました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ