ケータリングカーのメリットとデメリット

長年の夢である飲食店をはじめたいと思う人は少なくないでしょう。ただ始めるには、やはり資金が必要になります。場所を確保したりと、最初にかかるストはやはり測りしれません。

そこで最近はコストを抑えながら、夢の飲食店をスタートさせるケータリングカーが人気を呼んでいます。この移動型販車であるケータリングカーの特徴はなんといっても立地条件を選ばないとうところです。

お店が決まっていると、内装や看板などは変えられませんし、何より立地条件を変更することはまったくできなくなります。場合によって、ライバル店の出現により経営が危うくなる可能性が浮上するのです。お店を動かすことは簡単ではありませんからね。

そんなリスクがあるいっぽうで、ケータリングカーの場合は、もしもライバルが出没したら、その場を去ることができます。同じ場所に固執しないで、いろいろなシチュエーションで、自分の味を売れるメリットはやはりあるのではないでしょうか。

人が集まるような場所を転々とすれば、それだけ人の目に付くことになるので、多くのヒトが足を運んでくれる可能性が浮上します。スーパーやホームセンター、イベント会場など、その日によって、ヒトが集まりやすい場所に出向けるのです。毎回同じ場所で営業するよりも、飽きないというメリットも、ケータリングカーにはあるのです。

ただもちろん、このような移動式販売にはデメリットもあります。まず固定客がつかないという点が挙げられます。あそこにいけばあの味に会える!そんな理由で飲食店に向かう経験はありませんか。移動カーの場合だと、それができない可能性が高いのです。

このようにケータリングカーには、もちろん良い面がたくさんあります。やはり、費用面でのメリットは大きいと言えるでしょう。しかし固定客が見込めないというデメリットもあるのです。導入を考えている場合は、いろいろな特徴を知って利用するかどうかを決めるとよいかもしれませんね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ