ネットを見れば飲食店の情報が何でも分かってしまう時代

今や飲食店巡りには欠かせないアイテムといえば、食べログです。食べログを見れば、全国のあらゆる飲食店の情報や口コミが網羅されているので、はじめて訪れるような土地でも飲食店選びに迷うことがなくなりました。ランキングの上位にあるお店をエリア検索すればいいだけなのですから、こんなに簡単なことはありません。食べログ以前は、飲食店選びは勘でなされていたものです。門構えや窓から見える内部の様子から、その店の良し悪しについて推測し、考えに考えぬいた末にどこで食べるのかを決定していたのです。

あるいは、一期一会と開き直り、出たところ勝負で目の前の飲食店に迷うことなく入店するなんてこともありました。それで失敗したり成功したりは様々ですが、食べログ以前の飲食店選びには運の要素が多分に占めていたことは否定できません。しかし、今やたくさんのレビュアーの口コミを参照にしながら飲食店を選べば、大抵の場合間違うことがありません。多くの人に称賛されているような高得点のお店はやっぱり美味しいものです。食べログさえあれば、食事処で迷うことはありません。本当に便利な時代になったものです。

しかし、食べログのおかげで飲食店選びが簡単になったことを喜ぶ一方で、偶然の出会いがなくなってしまったことを残念に思う気持ちもあります。あれやこれやと悩んだすえに駆け込んだお店が思わぬ名店だった。食べログ以前の時代なら、そんな経験を一度や二度ならず経験したことがある人も多いかと思われます。どんな料理が出るのか、どんなシェフがやっているのか、何も分からず入店しただけに、そのお店が当たりだったときの驚きと喜びはそれはそれは大きなものとなったことです。

今は食べログを見れば、お料理の値段から内容まで何でも予習できてしまいますので、以前のような出会いの驚きを感じることが少なくなりました。私のような昔気質の人間には、そのことがときどき寂しく思われてしまうのです。だから今でもときどきはスマートフォンを持たずに外出して、外食することもあります。何の予備情報もなく飲食店に入り、お料理を頂く。そんな偶然の出会いを楽しんでいるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ