• お問合せはこちら

原価が安いので始めやすい商売と言えます

色んな商売がありますけど、資金が少なくても成功しやすいのは飲食店かなと思います。食べ物の原価というのは、皆さんも想像できるかと思うんですけど、相当安いんですよね。例えば100円位で売っているジュースとかは実際は10円も掛かっていないんです。タダではないものの、それに近い位の物を売って稼ぐ訳ですから儲かりやすいのも当然でしょう。

ただ、缶ジュースに比べるとお店の物はもう少し原価率が高くなります。大抵売られている金額の3割くらいだと言われています。千円のラーメンがあったとするならば、それの原価は300円くらいという訳です。たった1杯のラーメンを売っただけで700円が手に入るのですから、どれだけ稼げるかが理解できるはずです。しかし問題なのは、売れるレベルの物を提供しなければいけないという事です。いくら原価が安かったとしても、美味しくなければ売れませんから1円にすらなりません。

どんな物なら美味しいと言われるのか、それを知りたければ他の飲食店を覗いてみてください。もちろんどこでも構わないという訳ではありません。それなりに繁盛しているお店に行くのが大切なのです。そこで売られている食べ物をそっくりそのまま真似ろとまでは言わないにしても、それっぽく作っておけばまず大丈夫でしょう。人間の味覚はそれほど敏感ではありません。正直な所、手間がかかっているとは思えない様な食べ物でも凄い売れていますよね。

誰にでも美味しいと言われる食べ物は大抵塩分の量が多めになっています。さらに脂の割合が多いです。皆が好んで食べる料理の多くはそれに当てはまるはずです。一度周りを見渡してみれば、それが事実であると分かるかと思います。

とは言え、せっかく飲食店を始めるのなら手の込んだ料理を作る様にしましょう。騙す様な事をして稼いでも楽しくは無いはずです。塩と脂はそこそこで抑えて、食材を活かす様にすると良いのではないかと思います。

飲食店の開業から創業を行っていくまでの流れ

飲食店を開業する時は、運営していく為の建物と商品が必要です。開業に必要な建物や備品に関しては、リースとして多くの業者から借りている人も多いです。新築として建物を建設する時には数千万円単位のお金が掛かる事を考慮して、初めて経営者として運営していく場合は、テナントで募集している賃貸物件を借りたり、備品などを借りながら創業の準備を行う流れで会ゴムに向けた取り組みを行う人が多いです。

飲食店を経営していく場合、基本的には無一文では開業が出来ないので、将来的に独立をして創業を考える時にサラリーマンなどの社員として働いて、少なくとも数百万円以上の資金を溜めておく事を心掛けます。お金が溜められない事を考えて、自分の店を持つ為にラーメン屋などの弟子として修行を積んでいる人も多いです。最初に弟子として働き始めた場合、飲食店の主に基本的な業務の指示を受けながら、徐々に創業者に向けてのスキルを磨いていく流れになっています。ある程度業務を覚えて、1人でも仕事を任せられるようになったら経営者の候補として修行を積む人もいます。候補として修行を行って、主が店舗を任せて良い状態である事を判断した場合、独立へ邁進する事も可能です。

創業者として経営を上手に行っていく為には、資金を少なくとも500万円程度は用意しておく事が望ましいです。お金が足りない場合は、信頼度などを考慮して銀行などの機関にお金を借りる考えも良いです。運転できるように売上などの目標を立てて、雇う人の事を考えながらきちんと運営できる仕組みを作る事が大切です。得られた資金を有効的に使っていく為には、開店だけで全部を使い切らないように資金繰りを工夫する事が大切です。飲食店を経営していく場合、運営に掛かった人件費や経費の事を頭に入れながら売上を出す事が前提で、雇った人に対しては賃金を支払う義務が生じます。基本的な理念を持ちながら、モチベーションを持って効率的な運営を行う気持ちを持続する事も大事です。

今のケータリングカーで売られているもの

昔はケータリングカーというような言葉は一般的でなく、移動販売と呼んでいたように思います。種類もごく限られていて、ホットドッグとか焼きそばとか、お祭りの露店で売られているものと同じような感じだったのではないでしょうか。

今やケータリングカーで売られる食べ物の種類は目を見張るほど多様になっています。たこ焼きやラーメンなど昔ながらのもののほかに、クレープやシュークリーム、ソフトクリームなどのスイーツ系、ケバブやキーマカレー、タコス、小龍包などの中華、フィッシュ&チップスなどの外国の味系、玄米食など健康食系、さまざまです。一時流行ったメロンパンも相変わらず売っているようですね。外国の事情には詳しくありませんが、日本の食事情というのはかなりバラエティに富んだもののような気がします。

ビジネス街でお弁当を売るケータリングカーには、昼休みにはビジネスマンやOLが列を作っていて、まるで外国の街角のような雰囲気だったりします。ケータリングカーそのものも、昔の移動販売車とは違って、とてもおしゃれなデザインになっています。そんな点も、人を引き付ける要因の一つになっているのでしょう。

売る側からいうと、ケータリングカーでの販売は店舗を構えなくてもいい分、リスクが少ないのではないかと推測します。店の場合は、開店してからこの場所は人が少なくてだめだと気がついても、簡単には移動できません。車なら人の多い、よく稼げる場所を求めて移動すればいいだけの話になります。いい場所が見つかれば、長く営業することで常連客をつかむことができるかもしれません。そうなれば安定した収入にもなります。

またイベントなどに出店することもできます。イベントでファンを作れば、客足を伸ばすこともできるのではないでしょうか。店を構えるのは数々のリスクが付き物ですが、ケータリングカーなら、そのいくらかのリスクを軽減できると思います。扱う料理を変更するのも店に比べて簡単なのではないでしょうか。

ネットを見れば飲食店の情報が何でも分かってしまう時代

今や飲食店巡りには欠かせないアイテムといえば、食べログです。食べログを見れば、全国のあらゆる飲食店の情報や口コミが網羅されているので、はじめて訪れるような土地でも飲食店選びに迷うことがなくなりました。ランキングの上位にあるお店をエリア検索すればいいだけなのですから、こんなに簡単なことはありません。食べログ以前は、飲食店選びは勘でなされていたものです。門構えや窓から見える内部の様子から、その店の良し悪しについて推測し、考えに考えぬいた末にどこで食べるのかを決定していたのです。

あるいは、一期一会と開き直り、出たところ勝負で目の前の飲食店に迷うことなく入店するなんてこともありました。それで失敗したり成功したりは様々ですが、食べログ以前の飲食店選びには運の要素が多分に占めていたことは否定できません。しかし、今やたくさんのレビュアーの口コミを参照にしながら飲食店を選べば、大抵の場合間違うことがありません。多くの人に称賛されているような高得点のお店はやっぱり美味しいものです。食べログさえあれば、食事処で迷うことはありません。本当に便利な時代になったものです。

しかし、食べログのおかげで飲食店選びが簡単になったことを喜ぶ一方で、偶然の出会いがなくなってしまったことを残念に思う気持ちもあります。あれやこれやと悩んだすえに駆け込んだお店が思わぬ名店だった。食べログ以前の時代なら、そんな経験を一度や二度ならず経験したことがある人も多いかと思われます。どんな料理が出るのか、どんなシェフがやっているのか、何も分からず入店しただけに、そのお店が当たりだったときの驚きと喜びはそれはそれは大きなものとなったことです。

今は食べログを見れば、お料理の値段から内容まで何でも予習できてしまいますので、以前のような出会いの驚きを感じることが少なくなりました。私のような昔気質の人間には、そのことがときどき寂しく思われてしまうのです。だから今でもときどきはスマートフォンを持たずに外出して、外食することもあります。何の予備情報もなく飲食店に入り、お料理を頂く。そんな偶然の出会いを楽しんでいるのです。

夏場を限定に開催されている野外イベントの特徴

夏場に標高の高い所で野外イベントを行う場合、観客として楽しんでいる時に昼間でも涼しく感じる事がメリットです。冬場は高地では極寒の寒さを感じますが、夏場は高地では昼も夜も過ごしやすい陽気になる事が特徴です。

群馬県の高地などで行われているキャンプに関して、ライブなどの行いながらテントで一夜を過ごす野外イベントが有名です。自然を満喫しながら開催しているアーティストのライブを見る事に楽しさがあって、夜間にはキャンプファイヤーを楽しんだり、普段味わえない催し物を楽しめる事に醍醐味があります。

群馬県などの高地に存在しているキャンプ場で、宿泊しながら野外イベントを楽しむ人の為にテントなどの道具を貸し付ける場合が多いです。快適に一夜が明かせるようにテントや寝袋などの道具を活用して、定時に行われる催し物を満喫できます。食べ物を食べたい場合の屋台を出している所もあって、お腹が空いた時に弁当を食べながら催し物を楽しめます。

キャンプ場としての役割もあって、自炊をして作った食べ物を満喫しながら楽しいライブを見物できる楽しさがあります。夜間にはビールや日本酒などの酒を飲みながら、他の参加者と野外イベント堪能できる所も良いです。夜間に行われる催し物が終了した場合、テントに入って自然に囲まれながら寝袋に入って就寝をします。キャンプ感覚でくつろぎながら、多くのアーティストが提供している出し物に満足しやすいです。群馬などの高地で開催を始めてから、最近になって徐々に参加者の数が多くなっている傾向です。

泊り込みの野外イベントに参加する際の注意点として、最初に気を配る事は天候の状況です。基本的に雨が降らない時に参加をする事が望ましいが、風が強く無い状態で安定した天候の時に開催している日を調べる事が良いです。天候の状況によっては中止になる事を考えて、持ち物として折り畳みの傘などを用意しておくと良いです。体調が悪くなったら、素早くスタッフの人に指示を仰ぐ事が大事です。

ケータリングカーでオリジナル料理を販売して大成功

 たとえ自分の何気ない思いつきだったとしても、それを活かした商売を始めて成功している人がいます。この前何かのメディアで知ったのですが、自身が考案したオリジナル料理に手応えを感じ、脱サラしてまでケータリングカーでそのオリジナル料理を販売し始めた男性がいました。

 普通に考えれば、サラリーマンを続けていたほうが収入は安定します。しかもその人は、もともと料理のテクニックがあるというわけではない一般人です。それを踏まえてもしも失敗したときのリスクを考えれば、かなり無謀な挑戦と言えます。ですが、結局はそのオリジナル料理が当たり、今ではサラリーマン時代よりもずっと稼いでいるというのですから驚きです。

 この事実を知ったとき、成功した理由は二つあるとすぐにピンときました。それは、店舗を持たずに安上がりで済むケータリングカーで商売を始めたこと、オリジナル料理を信じて一歩踏み出したことです。どちらも少し考えればできることだと思ってしまうかもしれませんが、実際には相当難しい決断です。

 オリジナル料理に自信を持っているならまず飲食店を始めようと思っても不思議でないですし、いくら自信があったとしても今までの生活をなげうってまで一歩踏み出す勇気はなかなか出てこないです。オリジナル料理というのは自分にとって素晴らしいものかもしれませんが、それが他人の口に合うとは限りません。そんな不安がひとたび胸中を覆ったならば、一歩踏み出すのがどれだけ怖いことなのかと足踏みしてしまいます。

 また、ケータリングカーによる販売を選んだのもファインプレーでした。どうしてそういう経緯に至ったのかはわかりませんが、経費を少しでも削減できるケータリングカーならば確かにまだ成功しやすいです。

 だからといって誰もがオリジナル料理で成功するわけではないのでしょうが、ケータリングカーによる販売と一歩踏み出す勇気があれば、その成功に近付けるのだということを改めて知りました。

ケータリングカーでイベント出店する時の経費と必要販売量

最近、ケータリングカーで移動販売をするお店が増えています。
何か他の職業を持っていても、イベントなどで屋台をすることに憧れる人も多いのでは無いでしょうか。

今回はケータリングカーで1日イベントの屋台を出す時に必要な費用と売上について考えてみたいと思います。

ケータリングカーは実はレンタルが可能です。
レンタルすれば厨房設備、シンクなどの水回りは車内についていて、給水タンクに水を入れ、ガスはプロパンガスから供給すれば良いようになっているのです。
1日屋台をする時にはこの方法が最適です。
レンタル代は1日約5万円を見ておいた方が良いでしょう。
ガス代は8時間営業するなら約5000円程度で可能です。
これに販売するためのバイトを頼むとして1万円かかるとすればトータル6万5000円が必要経費ということになります。

さて屋台では何を売るのが一番良いでしょうか。
おすすめするのはスナック系か粉物です。
特に麺類の焼きそば、うどん、また粉物としてはたこ焼き、お好み焼きが定番です。
これが選ばれるのは食べやすいのはもちろん、販売する側にとっても原価が非常に安いことが上げられます。
1皿500円の焼きそばの原価は50円程度です。
他の粉物もおおよそこのくらいの原価になります。
材料費は1皿あたり50円、あとは販売する量で材料費が決まってきます。

経費が6万5000円かかりますから1つ500円の焼きそばを売ったとして1皿当たり450円がプラスになっていき、費用回収には約150皿分の販売は必要です。
150皿売れたとして利益が7500円ということになります。
ちょっと利益が少ないですね・・笑。
あとは個人の努力次第ですが、屋台で売れているお店では1日500皿は売れています。
これを考えれば利益は25000円です。
これを目標にすると、1日のお小遣いとしては十分だと思います。

いかがでしょうか。
1日屋台をする費用と利益を上げるための販売量。
でもかかっても65000円なので、趣味で試してみるなら一度楽しんでみてはいかがでしょうか。

屋台営業でのケータリングカーのメリット

屋台で屋外で営業を始める場合、テントや屋台よりもケータリングカーで営業する人が増えています。

今回はケータリングカーで屋台営業するメリットについてご紹介します。

■首都圏の地域でもキッチンカーなら営業できる
都内を始めとした近郊地域ではそもそも屋台を設置して出店することを禁止することが多くなっています。
これは移動販売の方が出店を乱立することを防げるという行政側の判断があるためです。
また移動販売の車はレンタルが可能なので、普段は飲食店を経営している人でもイベントがある時だけ移動販売が出来るというメリットもあります。

■土地ごとに営業許可を取る必要が無い
屋台営業の場合、出店する地域によって、その地域の保健所に営業許可やいろんな書類の提出が必要となります。
またその許可を得る際には販売する場所も伝えなければならず、売上の上がらない場合に簡単に場所を移すということが出来ません。
こういった申請を逐一しないで済むのがケータリングカーです。
営業許可を車単位で登録するだけなので、もし地域住人の人に指摘されてもすぐに撤去できるメリットがあります。
もちろんテーブルや椅子を周りに置いて営業する場合には注意が必要ですが、テイクアウトの商品を販売するだけなら屋台を設置するよりも断然販売しやすくなります。

■売上が上がる地域に短時間だけ営業することが出来る。
移動屋台なので、例えばランチタイムにはオフィス街、夕方には住宅街といった売上を上げやすい場所で営業できるのもメリットです。
また設営時間などが不要なのでランチタイムであれば車で移動して2時間程度出店して売り切るといった形が可能で、売れずに在庫を残す量も少なくて済みます。

■火力の取り扱いが安全
ケータリングカーは専用の設備が備え付けで設計されているので、自分で調理器具を組み合わせて設置する必要が無く非常に安全です。
調理場所は車の中なので少し狭くなりますが、これは慣れてしまえば作業がスピーディになるメリットもあります。
こういった点も周りの安全面に配慮した良い方法といえるでしょう。

このようにケータリングカーは屋台販売では最近の主流になっています。
初めて出店する人にもおすすめします。

店舗数が増加してきている飲食店

近年では、飲食店の店舗数が、着実に増加してきているのではないかと推測されています。様々なタイプの飲食店が見受けられるようになってきており、外食をしようとする人々の選択肢が豊富になることにも直結しているのではないかと思います。従来よりも様々なメニューが提供できるようにもなりつつあり、飲食店の店舗数が増加することでその傾向にも拍車が掛けられていると言えるのではないでしょうか。特に人口や働く人の多いとされている地域では、このような動向が顕著に見受けられるようになり始めており、数多くの飲食店が存在する状況が確立されていると言えるのではないでしょうか。

チェーン展開されている飲食店が高い割合を占めているとされているものの、そこに個人営業で展開される飲食店も多くなってきているとみられており、割合を高めてきているのではないかと思います。従来までは見受けられてこなかった形式の飲食店の店舗展開の手法も確立されてきており、店舗数が継続的に増加する要因のひとつとしてクローズアップされ始めています。飲食店を利用する頻度の高い人々にとっては、このような形式で店舗数が増加していくことに関しては、強く歓迎されるものとなるのではないかとみられています。新たに飲食店が出店される計画も常時確認されているため、更に多くの飲食店が見受けられていくものと予想されています。

今後はこれまで以上に、多数の飲食店が営業されるようになるのではないかと推測されています。豊富な種類の飲食店が確立されていくことにも繋がり、多くの人たちの間で話題としても取り上げられていくのではないでしょうか。また、飲食店をより高い頻度で利用しようと考える人が増加することにも直結していく動向になるともみられており、大きな期待が寄せられるのではないかと思います。新たなジャンルの飲食店が開業したり、既存の飲食店のメニューが改善されたりすることも生じると考えられ、関心が強く寄せられると見込まれています。

野外イベントでの屋台出店は少なくなっている

野外イベントの代表格といえば屋台ですが、最近は屋台のスタイルも変わってきています。以前は、神社の境内の横によく出ている軒先のついた屋台が多かったですが、今はケータリングカー式のものも多く出ています。また、屋台のメニューも以前とは違い、個性あふれるものも数多く並んでいます。
野外イベントの時には、どんなメニューが並ぶのかが楽しみになりますが、ついついイベントの開始時間よりも前に長居してしまうのもつきものです。

イベントは毎日のようにおこなわれていますが、野外イベントになると場所が限られてしまい、最近では騒音問題やごみ問題もあり、なかなか行われなくなりました。今では野外イベントよりも、どこかの屋内や野球場のような、それもドーム式の開閉できるタイプの場所でイベントが行われることが多くなりました。
屋内イベントの場合は施設内に売店があるところがほとんどで、改めて飲食店が用意されるということはありません。野球場などはよい例で、球場のスポンサーとして最初から出店しています。

野外イベントの場合はそのような店舗がない場所でイベントを行いますから、その分の観客動員が見込めます。イベント主催者からみれば、飲食店に場所をとられているよりもチケットがさばける方が売り上げにつながりますから、野外イベントの方がよいわけです。
しかし、先述のように騒音問題や、人が多く集まればそれだけゴミが出ますから環境に配したイベントを行うことは非常に難しいといえます。そのために、野外イベントにはケータリングカーのような移動式の出店が多く出ます。また、ごみ処理の費用もケータリング出店の出店料からまかなうところもあるようです。
だいぶ前になりますが、長く歴史のあった野外イベント場が老朽化と環境問題とあわせて継続が断念されたことがありました。野外イベントがどんどん少なくなりますが、それに伴い屋内イベントが活発化していますから、飲食店などの出店は店舗が主流になっています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ