ワンコインでメニューを提供する場合

ケータリングカーで、軽食を販売するショップというのはイベントに参加したときにも、いつもと同じようにお客さんに手渡しで販売をするスタイルですが、イベントによってはガーデンチェアを大量にセッティングして、レストラン形式でケータリングスペースが使われることがあります。

お客さんは、メニューを注文して番号札をもらい、支払いを済ませるのです。そうすることによって、ケータリングカーの前に長い行列ができるのを防ぐことができます。

そして、メニューの準備ができれば、ホールスタッフがお客さんの元に届けるのですが、このようなウェイターにイベントスタッフを配置することによって、巨大なレストランのようなケータリングスペースにする事が可能になります。

そして、気軽に多くのメニューを注文してもらえるように、ワンコインメニューに統一するという方法を採用するイベントも多くなりました。

軽食の一つが5百円というのは、適当な金額なのです。お客さんからすると安いような感覚があるし、イベントスタッフからすると全て5百円で統一することにより、会計がとても楽になります。

その様なメリットが合わさって、お客さんに食品を提供するペースが高まります。イベントの際には、どれだけお客さんを回すことができるかがポイントになってくるので、効率的に売り上げを計上して事が大事になっていきます。

ケータリングカーで販売するようなお店は、他では売っていないような特定のメニューに拘っているお店が多くあるため、イベントで多くのケータリングカーが集まっても、メニューでバッティングすることがあまり無いのです。

このようなメリットがあるので、多くの書展がある場合、お客さんからすると好みのメニューを多くの食品の中から選ぶことができるのです。そんな事があるため、できるだけ出展数を増やし多くのケータリングカーが参加することによって、お客さんにもメリットがあるし、イベントも盛り上がるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ