屋台営業でのケータリングカーのメリット

屋台で屋外で営業を始める場合、テントや屋台よりもケータリングカーで営業する人が増えています。

今回はケータリングカーで屋台営業するメリットについてご紹介します。

■首都圏の地域でもキッチンカーなら営業できる
都内を始めとした近郊地域ではそもそも屋台を設置して出店することを禁止することが多くなっています。
これは移動販売の方が出店を乱立することを防げるという行政側の判断があるためです。
また移動販売の車はレンタルが可能なので、普段は飲食店を経営している人でもイベントがある時だけ移動販売が出来るというメリットもあります。

■土地ごとに営業許可を取る必要が無い
屋台営業の場合、出店する地域によって、その地域の保健所に営業許可やいろんな書類の提出が必要となります。
またその許可を得る際には販売する場所も伝えなければならず、売上の上がらない場合に簡単に場所を移すということが出来ません。
こういった申請を逐一しないで済むのがケータリングカーです。
営業許可を車単位で登録するだけなので、もし地域住人の人に指摘されてもすぐに撤去できるメリットがあります。
もちろんテーブルや椅子を周りに置いて営業する場合には注意が必要ですが、テイクアウトの商品を販売するだけなら屋台を設置するよりも断然販売しやすくなります。

■売上が上がる地域に短時間だけ営業することが出来る。
移動屋台なので、例えばランチタイムにはオフィス街、夕方には住宅街といった売上を上げやすい場所で営業できるのもメリットです。
また設営時間などが不要なのでランチタイムであれば車で移動して2時間程度出店して売り切るといった形が可能で、売れずに在庫を残す量も少なくて済みます。

■火力の取り扱いが安全
ケータリングカーは専用の設備が備え付けで設計されているので、自分で調理器具を組み合わせて設置する必要が無く非常に安全です。
調理場所は車の中なので少し狭くなりますが、これは慣れてしまえば作業がスピーディになるメリットもあります。
こういった点も周りの安全面に配慮した良い方法といえるでしょう。

このようにケータリングカーは屋台販売では最近の主流になっています。
初めて出店する人にもおすすめします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ